LED蛍光灯の月額リース導入。業界最長の保証期間

LED蛍光灯にした場合の本音

従来の蛍光灯からLED蛍光灯へ交換するには、「LED蛍光管の初期費用」「工事が必要で原状回復が心配」「10年持つとは言われてるが、本当に持つのかな?2年くらいで壊れてしまっては保証がされないのではないか?」「思ってるほど電気料金が下がらなかったらどうしよう…」心配になる点はいくつもありますよね…。実際に他社でLED蛍光灯を導入したお客様で、「引っ越すときに原状復帰を要求されるとは思わなかった」「保証期間が切れた2ヶ月後に使えなくなった」など、後から気が付く問題点もあるようです。LEDリースを提供している弊社では他社とは違います。

  • 一般的に蛍光灯には、20形(580mm)・40形(1198mm)・110形(2367mm)のサイズがあり、従来の蛍光灯の消費電力は平均47Wほど。それに比べてLED蛍光灯の消費電力は20Wほどなので、使用している電力が低いことから電気料金が50%以下になる仕組みです。LEDリースで提供している弊社としましても、お客様がお支払になっている電気料金が50%以下になることや、CO2(二酸化炭素)の排出量も減ることで地球環境にも優しくなることが一番の喜びです。ぜひLEDリースのLED蛍光灯をご利用頂き、電気料金削減の目的を達成してください。

  • 従来のご提案としては、LED蛍光灯の代金を初期投資としてLEDリースではなくご購入頂くのが一般的でした。その場合ですと購入するLED照明の代金÷毎月削減される電気料金を計算し、何ヶ月で元が取れるのか?という損益分岐点が判断材料の一つでした。弊社ではLEDリース。つまり初期にかかるLED蛍光灯の費用をリース等で月額制にすることで、初期費用を抑え導入したその月から経費削減することが可能になります。1本あたり、数千円~数万円ですが、本数がまとまれば数十万・数百万になる初期費用がLEDリースでLED蛍光灯を導入すると、なんと0円で導入できるわけです。ぜひLEDリースのLED蛍光灯をご利用頂き、初期費用の負担を抑える目的を達成してください。

  • 従来の蛍光灯の場合、電源on/offをするごとに1時間程度の寿命を縮めていることをご存じでしょうか?一般的な蛍光管の寿命は6,000~12,000時間とされております。対してLEDリース(LED蛍光灯)の寿命は約40,000時間から50,000時間で設計されているメーカーが多いようです。そのことから従来の直管蛍光灯より、6倍以上の耐久性があることになります。その長寿命である直管型の業務用LED蛍光灯ですが、長期保証を謳っている販売会社さんでは平均2年から3年保障が多いようです。長い所でも5年保障でしょうか。しかし一般的な使い方をしている企業にとっては、10年以上利用できると言われたLED蛍光灯が、2年から3年保障長くても5年保障で終わってしまうとアフターフォローが心配なものです。そこで弊社ではお客様の声を実現させるべく、業界で初めてLEDリースにすることで7年保障を実現いたしました。ぜひLEDリースのLED蛍光灯をご利用頂き、驚きの長期保証を達成してください。

LEDリースのLED蛍光灯を「7年」保障するということは、販売店である弊社に保障リスクが伴います。販売店の弊社としても負担が増えないように運営しないと、経営が成り立たないのは目に見えています。そのことから、どのメーカーのLED蛍光灯を選ぶのか?が慎重に吟味致しました。その結果、このたびご提供するLEDリース蛍光灯は、1891年にオランダで白熱電球の製造販売からスタートしたフィリップス社のLED蛍光灯をリース提供致します。現在LEDの主要メーカーは、日亜化学工業、豊田合成、米フィリップス・ルミレッズ、米クリー、独オスラムの5社となっております。フィリップスは人命に直結する「自動車のヘッドライト」のシェアで60%を獲得していることから、LEDにおいても信頼性の高さが伺えると容易に想像できます。LEDランプ全光束が180度の配光で、1,650lm(ルーメン)を確保。他社と比べて高い数値ではありませんが、演色性が「Ra85」と、業界最高レベルの光質なので、鮮やかな色の再現力を誇ります。また、光のちらつき(通称:フリッカー)が少なく、交流の電圧を凹凸のある波形に変換した粗悪品が出回った過去が他社ではありましたが、フィリップスではございません。LEDリースのLED蛍光灯をぜひご体感ください。

白熱電球はとても素手で触れないぐらいの熱を持ちますので、その白熱球と比べると比較にならないかも知れませんが、消費電力を19Wに抑え-30℃~+45℃の広い温度範囲で安定した明るさを提供できるPhilipsのLEDリースのLED蛍光灯は会社の室温を余分に上げることを抑止できると言っても過言ではないでしょう。照明そのものから発せられる熱により、衣類や紙・フィルム・美術品・肉や魚を扱っているスーパーなど、熱に弱い製品を取り扱っている業種では、メンテナンス(傷めてしまったり、変色すること)に気を付けなければなりませんでしたし、空調(エアコン)の温度を2℃上げることができるとすると、10%の節電効果が期待できるとされています。10,000円の電気代が1,000円安くなるということですし、何より電力不足の回避及びCo2(二酸化炭素)の削減になることから、環境に優しく、地球温暖化の抑止効果も期待されます。LEDリースのLED蛍光灯ならではのメリットです。

これまでの照明では、紫外線による色褪せ・日焼けが気になる問題でした。また、夜間の害虫・昆虫などが紫外線に反応し、照明に集まってくる習性がありましたが、虫の可視光域である紫外線をほとんど発生しないため、虫がぶつかって蛍光灯を汚すことが少なくなるでしょう。お肌に敏感な乳幼児や、しみ・しわ・ソバカスの原因と言われている紫外線が少ないとなると女性にも喜ばれると思います。実は蛍光灯から出ている紫外線は、UVA (波長315~400nmの長波長紫外線)と同じ長さの波長をもっているため、シミなどは濃くなる場合も考えられています。このUVAとは日焼けサロンでも使われており、長時間浴びた場合の健康被害が懸念されています。LEDリースのLED蛍光灯は、可視光線領域なので、紫外線とは違う波長ですからしみ・シワ・そばかすの心配をする必要はまったくありません。LEDリースのLED蛍光灯ならではの福徳です。

現状回復一回あたり無料

LEDリースのLED蛍光灯のお求め・ご相談は、首都圏(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木)のお客様であれば、お打合わせや下見を兼ねてお伺いさせて頂くことが望ましいです。お気軽に電話・メール等でご連絡頂き、試算・提案をするご商談の機会を賜れば幸いです。その場である程度の概算(お見積もり)も出せますし、導入時の電気代金をコストシュミュレーションも実施しています。なにより現物を見たい!というお客様も声にもお応えして実際に取付させて頂いている実物もお持ちし、LEDリースのLED蛍光灯の光加減や、色合い、温度など実体験頂けます。電気料金が大幅にコストカットされるLEDリース蛍光灯にぜひご期待ください。7年間の業界最長保障は、他社ではありませんしその7年間の間、お引越しなどによる「原状回復」の費用は弊社で負担させて頂きます。(1回限り無料。引越し先での取り付け費用は別途有償となります。)

お問い合わせ

会社名
部署名
お名前*必須
お電話番号
メールアドレス*必須
お問い合わせ内容 自由記入欄*必須
(1000文字まで)